記事一覧

グッチで人気のミニバッグ3選

時が経っても色褪せないクラシカルな魅力をもつ「グッチ」は、今季トレンドのクラシックな流れもあって人気、注目度ともに急上昇中。いま最も目が離せないハイブランドです。

グッチ ミニバッグ

【オフディア】
グッチの象徴ともいえるウェブストライプと、アーカイブから取り入れたというダブルG…。
ヴィンテージライクな佇まいで人気を博しているミニバッグモデルです。

グッチ ミニバッグ1

【GGマーモント】
独創的なキルティングとダブルメタルGが特徴の人気シリーズ「GGマーモント」。
どんな着こなしにもマッチする万能的なデザインです。

グッチ ミニバッグ2

【ニムフェア】
ハンドルにはグッチを象徴するバンブーが!
台形フォルムはクラシカルな印象を加速させ、ミニバッグでもしっかり大人見え。

【関連記事】:http://encircle.top/

フェンディ×一生ものバッグ3選

上品でウィットに富んだ“個性”も主張する一生もの
バッグは大人の女の名刺代わり。だからこそ選び抜かれたアイコニックなバッグを手にしたいと思う…。そんな洗練された女性たちが愛してやまないのが『フェンディ(イタリアの高級ファッションブランド)』。
2大アイコンバッグ「ピーカブー」と「バゲット」は、今年は素材やサイズのバリエーションが増えました。

フェンディ ピーカブー

「クラシックでありながら、使い勝手もよく、今の気分を映すバッグが欲しい」。そんな女性たちの欲張りな願いに応えたのがピーカブー。
そんな端正な「ピーカブー」には、上品で知的なセレブのファンが多く、英国のメーガン妃は公務で使用。上品なオリヴィア・パレルモはお出かけに愛用しています。

フェンディ バケット

1997年にデビューした「バケット」は、文字どおりパンのバゲットのように小脇に抱えられて、その持ち方がなんとも小粋。小ぶりな縦長フォルムのクラッチにトップハンドルが付いたようなデザインは便利で秀逸。誕生そのものがアイコニックでした。
また『フェンディ』の職人技を象徴するような装飾的なつくりも多く、ドレスアップの仕上げやカジュアルを格上げする小物として、今も大人じの女性の大切なワードローブの一部になっています。

フェンディ FFトート

1970年代のアーカイブからインスパイアされて誕生した、エレガントかつ機能的なトートバッグ。品格ある圧倒的に美しいデザイン性と、内ポケットひとつにまでこだわった機能性、それらを見事に融合させた比類なき技術力、そのすべてを兼ね備えた名品に仕上がっています。
デザインを必要最小限に抑えつつ、しなやかなカーフレザーとシグネチャーである「FFロゴ」のメタルパーツによって、これが特別なバッグだということを雄弁に語ってくれる。

関連記事:http://paynst.top/

プラダ×一生ものバッグ2選

エレガントながら日常に寄り添い、活用シーンは多彩

1913年、マリ・プラダがミラノで皮革製品店を開業したイタリアを代表する高級ブランド『プラダ』。
バッグを主に展開するトータルファッションブランドですが、基本的に世代を問わずコーディネートしやすいアイテムが揃い、その中でもバッグの人気は絶大です。


ガレリア バッグ

2007年に発売されて以来、シンプルながら持ち主の個性を映し出すアイテムとして愛されている「プラダ ガレリアバッグ」。ミラノで創業したブランドの、“最初の店舗の場所”に由来するという名の通り、アイコンとして存在感を発揮するだけでなく、デザイン性と機能性を兼ね備えています。

素材である「サフィアーノレザー」は、上質なカーフを独自の工程で仕上げた筋目模様が特徴的。耐久性があり、傷がつきにくい革です。また、サイドのスナップボタンや付属のストラップなど、使いやすいポイントもしっかり押さえています。

プラダ マチネ

機能的で可愛らしさも品もあり、長く使えるもの……、そのすべてを満たすべく登場したのが新アイコン「マチネ」。セレブリティや働く女性に厚い支持を集める“サフィアーノ”素材を使用。

それはプラダ伝統の細やかな筋模様に型押しされたカーフレザー。傷や汚れがつきにくく撥水性も高いため、デイリーで使うには最適で、なによりエレガントな風合いが魅力的。そして正面には女性の心を長年掴んできたプラダのロゴ。ゴールドトーンというのが真面目すぎず小粋。このバッグを持つだけで、女とした満ち足りた気分意浸れます。

関連記事:http://zenkyosuita.net/news/diary.cgi
http://shuheihei.top/